2013年9月1日日曜日

「古代史ブログ講座」開講にあたって


 Matのジオログ

 私が西暦2003年に会社をリタイアし、

 これからの生涯教育&趣味として、

 若いときから興味をもっていた、

 中国の歴史書・三国志(魏書倭人章)、

 日本の歴史(日本書紀・古事記)、

 韓国の歴史(三国史記・三国遺事)等を含む

 歴史書の史実の研究(文献学)を

 西暦1993年頃から本格的に始めた。

 特に「なぜ大化の改新(乙子の変)が起こったのか!」が

 中学生時代からの最大の疑問で、興味対象でした。

 《古代史ブログ講座》の目的は、

 私(金原政敏)としてこの問題を解決するには、

 我が国の文化の源(古代のメソポタミア文明)にまで遡のぼって

 確かめておく必要があると確信した。

 メソポタミア文明の考古学的な実態は今のところ不鮮明である。 

 私たち倭人(ウワイト)の子孫としては、

 ウバイドという祖国の発生年代は、是非知っておきたい大問題である。 

 オリエント史(ウバイド・アッカド・シュメル等)、

 ギリシャ史、インダス文明史、中国史、

 朝鮮史等の歴史そのものを理解を深め、

 また、文化・信仰の中心にあった

 「神社の由緒、神名また地名」の真実の様相も同様である。

 今後の史学の発展、日本の真の歴史、

 日本文化源流の語源・成立、

 日本人の感情表現の相互理解、

 世界の平和繁栄等の研究に

 少しでも貢献できれば幸いです。

                西暦2013年9月

0 件のコメント:

コメントを投稿